You are here: Home > >

理学療法学科で学んだ知識を生かしたストレッチ

肩コリが重たい時の要チェックポイント

血の循環が弱くなって、肩周りがじんわりと重くなって悩んでいる人は大勢います。
肩の凝りがひどい時の苦悩は体験してみた人でないと分からず、そのうえ一度なってしまうとそう直ぐには良くなってくれません。
肩の凝りの撃退に有効な対策に関してピックアップしてきましたのでご覧下さい。
同様の姿勢を取った状態で固まった時間が続く事や、さまざまな要素で起きる血液循環の不良で、肩周りの筋肉が硬化、つまり肩のコリになってしまいます。
むやみに肩を捩るのではなく、理学療法学科で学んだ理学療法士の先生などに相談して、効き目がみられるストレッチ運動を周期的に実行することで徐々に骨格筋が硬直しにくくフレキシブルに変わっていくのです。

しっかり覚えて帰りたいので、分かったつもりで診察室をでたけど、分からなくなってしまったときには、看護士さんに確認してみても良いでしょう。 また、病院にいくまでではないけど、コリのほぐし方を知りたいときは、看護学科の学生さんや整体士を目指している方にアドバイスを受けてもよいですね!!

肩部の横に位置する臑兪(じゅゆ)と呼ばれるつぼを指圧する事で、肩のこりの撃退に効果が見られます。
東洋医術というのは古来から続くものです、身体の性質の向上という観点である程度の効力を見込むことができると思います。
漢方医の診療を受けて自分自身にとって有効なが見られるツボを見極めてもらうのも良い方法です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans